【ネタバレあり】映画『MONDAYS このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』正直レビュー

画像引用元:映画『MONDAYS このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』公式Twitterより

本ページにはプロモーションが含まれています

こんにちは、はな(@hanahackpq)です。

2022年10月28日の先行公開に先駆けて、東京・大阪・名古屋で10月14日に公開を開始した、映画『MONDAYS このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』を観てきました!

脚本が(私が大好きなライターの…!)夏生さえりさんということで、公開前からずっと気になっていた作品です。

はな

予告編だけでもめっちゃニヤニヤしちゃうくらい楽しい作品でした!

この記事では、今作の良かった点、気になった点を全部含めて正直にレビューします!

軽いネタバレを含むので、まだ観てない方はご注意ください〜!

月額550円で映画・アニメ見放題!

おまけ:タイムループ×○○映画といえば…

タイムループ×ラブコメ『パーム・スプリングス』
タイムループ×B級ホラー『ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ』
タイムループ×王道恋愛『恋はデジャ・ブ』
タイムループ×SF×アクション『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

あらすじ・キャスト

小さな広告代理店に勤める吉川朱海は、憧れの人がいる大手広告代理店への転職を目指しながらも、仕事に追われる多忙な日々を過ごしていた。ある月曜日の朝。彼女は後輩2人組から、自分たちが同じ1週間を何度も繰り返していることを知らされる。他の社員たちも次々とタイムループに気づいていくが、脱出の鍵を握る永久部長だけが、いつまで経っても気づいてくれない。どうにか部長に気づかせてタイムループから抜け出すべく悪戦苦闘する社員たちだったが……。

映画.com『MONDAYS このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』より引用
監督竹林亮(以下、敬称略)
脚本夏生さえり
主演円井わん、マキタスポーツ
上映日(東京・名古屋・大阪先行公開)2022年10月14日、全国公開2022年10月28日
上映時間82分

主演の円井わんさん、とっても良かったです。

気になって調べたら1998年生まれということで、大人っぽいのに若い…!と驚きました。

ここがよかった!4つのポイント

1. ストーリーのテンポが良い

今作の上映時間は82分で、とってもコンパクトにストーリーが展開します

繰り返しの描写も、しつこくないどころかあまりにもテンポが良いので

「タイムループの日々をもっと見たい!」

という気持ちにすらなりました。オフショットやNGシーンも観たい~~~!

2. 笑いのセンスが最高

この作品、本当に笑える作品なのですが、特に部長のブレスレットを割るまでの前半パートは劇場内の笑い声が絶えず

「だから映画館で観る映画って最高なんだよな」

と幸せな気持ちで満たされていました。

個人的大好きポイント

・木本事務所の崎野さんの「きもとじむしょの…さきのですぅ~!」という癖でしかない電話挨拶
・タイムループを気付かせるのに「上申制度」
・部長へのプレゼン(3回目)の資料の完成度(もしくは改善度)の高さ
・ブレスレット破壊時の皆のたたずまい
もう今思い出してもニヤニヤしちゃいます。

3. 「タイムループ×会社」という新しさ

タイムループ×会社の掛け合わせは、とても新しい気がします。

タイムループしていく毎に、資料が改善したり、作業効率がアップしたり、新しいスキルを身に付けたり。

会社という、成果や成長が顕著に現れる場所が舞台であるがゆえの面白さですね。

タイムループってこんな使い方もあるのか、と笑っちゃいました。

4. この映画の持つメッセージの温かさ

「このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない」というタイトルはミスリードで、実際にはタイムループに気付かせ、原因と思われていたブレスレットを壊してもタイムループは終わりませんでした。

タイムループの本当の原因は、部長の「漫画家への夢を諦めた後悔」

そして、部長の描いた漫画がシンプルながらも深くて良い話なんです。

部長が出版社へ送った漫画は、実際には連載へと至らなかったけど、タイムループは終わりました。

人生において大切なことは「夢を叶えること」ではなく「自分がしたいことをやりきり、その結果に満足すること」なのだという温かいメッセージにほっこりしました。

ここが気になった!3つのポイント

1. 社会人感が薄い

1つ目の気になったポイントは、登場人物の社会人感の薄さです。

取引先からの電話に「もしもし〜」と出たり、メールの文章が何か惜しかったり、部長が部下の電話を急に取ったり…

会社が舞台であるならば、もう少しビジネスマナー部分の演出がしっかりしていた方がリアリティが増すように思いました。

2. ギャグパートからの後半が少し失速する

2つ目の気になったポイントは、後半のスピード感です。

前半のハイテンションなスピード感、意外性や新しさに対し、後半では少し失速感を感じました。

漫画家の夢を諦めた後悔、主人公の憧れの人が実は嫌な人…などの展開がありきたりであることも、その失速感の原因のひとつなのかもしれません。

はな

個人的には、前半120点!!!後半60点!平均して90点、という感じでした(あくまで個人的な意見です!)

3. 主人公が転職する予定だった会社を過剰に悪として描いている

3つ目の気になったポイントは、主人公が転職する予定だった会社を過剰に悪として描いていることです。

主人公はタイムループを通じて「この会社でもっと頑張りたい!」と思えたのに、転職先を嫌な会社として描くことで、そのポジティブな選択がネガティブな意味(「転職先も憧れの人も思ってたのと違うから転職やめた!」)も含んでしまうように感じました。

以上3点、個人的に気になったポイントを書きましたが、あくまで個人的な感想ですので、気にならない方も多いと思います。

はな

では最後に、良かった点、気になる点全部まとめた今作の感想です〜!

まとめ:好きな作品でした!

映画『MONDAYS このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』良かった点も気になる点もご紹介しましたが、まとめると好きな作品でした!

笑いあり、涙ありなので、ぜひ劇場で空気感を感じながら鑑賞していただきたい作品です〜!

お読みいただきありがとうございました!

月額550円で映画・アニメ見放題!

PAGE TOP