【ランキング】2023年映画新作映画ベスト5!映画を通じて自分の「感情」に向き合った年

本ページにはプロモーションが含まれています

こんにちは、はな(@hanahackpq)です。

この記事では2023年の新作映画ベスト5をご紹介します!

今年の総まとめとして直感とフィーリングで作ったランキングなので、ゆる~いテンションでお楽しみください。笑

はな

2023年に私が鑑賞した新旧映画の総数は163本で、その内2023年新作映画は65本でした!ベスト5を5位から順番に紹介していきます♪

月額550円で映画・アニメ見放題!

5位『正欲』(2023年11月10日公開)

横浜に暮らす検事の寺井啓喜は、不登校になった息子の教育方針をめぐり妻と衝突を繰り返している。広島のショッピングモールで契約社員として働きながら実家で代わり映えのない日々を過ごす桐生夏月は、中学の時に転校していった佐々木佳道が地元に戻ってきたことを知る。大学のダンスサークルに所属する諸橋大也は準ミスターに選ばれるほどの容姿だが、心を誰にも開かずにいる。学園祭実行委員としてダイバーシティフェスを企画した神戸八重子は、大也のダンスサークルに出演を依頼する。

映画.com『正欲』より
監督岸善幸
原作朝井リョウ「正欲」
主演稲垣吾郎、新垣結衣
劇場公開日2023年11月10日
上映時間134分
配信サービス
(2023年12月時点)
なし

第5位は『正欲』です。

「自分が想像できる”多様性”だけ礼賛して、秩序整えた気になって、そりゃ気持ちいいよな――」(朝井リョウ「正欲」より)

「明日、死にたくない」と思えない人間(いわゆる、私たちが思う「普通」から大きくはずれた人間)が見る世界を想像も出来ない人間たちは、無意識で自分がマイノリティを認める側であると信じている。

そんな自分自身の傲慢さを突きつけられる傑作でした。

映画を観るまでは、あの原作を134分にまとめられるものなのかと不安に思っていたのですが、完全に杞憂でした。

映画『正欲』は、原作小説の持つ本質的なメッセージを残したまま、映像作品として物語を再構築するという、映像化の意義を感じる作品となっていました。

朝井リョウ原作の映画を観るならDMM TV

配信情報は2024年1月時点です

4位『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』(2023年5月3日公開)

アベンジャーズの一員としてサノスを倒し、世界を救ったものの、最愛の恋人ガモーラを失ったショックから立ち直れないスター・ロードことピーター・クイルと、ガーディアンズの仲間たち。そんな彼らの前に、銀河を完璧な世界に作り変えようとする恐るべき敵が現れ、ロケットが命を失う危機にさらされる。固い絆で結ばれた大切な仲間の命を救おうとするガーディアンズだったが、ロケットの命を救う鍵は、ロケット自身の知られざる過去にあった。

映画.com『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー VOLUME 3』より
監督ジェームズ・ガン
主演クリス・プラット
劇場公開日2023年5月3日
上映時間149分
配信サービス
(2023年12月時点)
【レンタル】DMM TV、Rakuten TV、TELASA、クランクイン!ビデオ

第4位は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』です。

今作は、ファン待望のガーディアンズ・オブ・ギャラクシーシリーズの続編にして、最終作でした。

1、2に続き、相変わらず笑いとシリアス要素のバランスが最高な、まさに「笑って泣ける」作品でした!

そして、何よりもやっぱり選曲が良すぎます!

今作を観てから数か月、毎日Radioheadの「Creep」を聴いていました。笑

はな

正直、ガーディアンズはマーベルであるがゆえに「アメコミは興味ないな~」という層を取りこぼしている感じがしてもったいない!アメコミに興味がない方もきっと楽しめる超良作です!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』はDMM TVでレンタル配信中

登録時に獲得できるポイントでお得に視聴!配信情報は2024年1月時点です

3位『PERFECT DAYS』(2023年12月22日公開)

東京・渋谷でトイレの清掃員として働く平山。淡々とした同じ毎日を繰り返しているようにみえるが、彼にとって日々は常に新鮮な小さな喜びに満ちている。昔から聴き続けている音楽と、休日のたびに買う古本の文庫を読むことが楽しみであり、人生は風に揺れる木のようでもあった。そして木が好きな平山は、いつも小さなフィルムカメラを持ち歩き、自身を重ねるかのように木々の写真を撮っていた。

映画.com『PERFECT DAYS』より
監督ヴィム・ヴェンダース
主演役所広司
劇場公開日2023年12月22日
上映時間124分
配信サービス
(2023年12月時点)
なし

第3位は『PERFECT DAYS』です。

今作は「THE TOKYO TOILET」という東京都渋谷区の公共トイレ整備プロジェクトの一環として制作された作品です。

監督は『ベルリン・天使の詩』で知られるヴィム・ヴェンダースで、彼の作り出す優しい世界観に、役所広司の素晴らしい演技が見事にマッチした傑作でした。

今作は、トイレの清掃員の平山の日常を描いており、大きな事件は何も起きません。

変わらないように見える日々でも、平山は毎日たしかに、大切な瞬間を、大切な1日を生きていて、それこそが幸せなんだ、と気付かされました。

2位『バビロン』(2023年02月10日公開)

夢を抱いてハリウッドへやって来た青年マニーと、彼と意気投合した新進女優ネリー。サイレント映画で業界を牽引してきた大物ジャックとの出会いにより、彼らの運命は大きく動き出す。恐れ知らずで美しいネリーは多くの人々を魅了し、スターの階段を駆け上がっていく。やがて、トーキー映画の革命の波が業界に押し寄せ……。

映画.com『バビロン』より
監督・脚本デイミアン・チャゼル
主演ブラッド・ピット、マーゴット・ロビー
劇場公開日2023年02月10日
上映時間188分
配信サービス
(2023年12月時点)
【レンタル】Amazon Prime Video、U-NEXT、Rakuten TV、クランクイン!ビデオ

第2位は『バビロン』です。

今作は公開当時から意見が真っ二つに分かれていた作品でしたが、私はとても好きでした。

サイレント映画からトーキー映画への変遷の中で、希望を見た人も、絶望を感じた人もいた。

そんなたくさんの人の想いが紡がれ、現在の映画にまで繋がっているって、改めてすごいことですよね。

なぜ映画に人々は熱狂し続けるのか、なぜ自分が映画を好きなのか改めて理解し、愛おしさから涙が止まりませんでした。

配信情報は2024年1月時点です

1位『aftersun/アフターサン』(2023年5月26日公開)

11歳の夏休み、思春期のソフィは、離れて暮らす31歳の父親カラムとともにトルコのひなびたリゾート地にやってきた。まぶしい太陽の下、カラムが入手したビデオカメラを互いに向け合い、2人は親密な時間を過ごす。20年後、当時のカラムと同じ年齢になったソフィは、その時に撮影した懐かしい映像を振り返り、大好きだった父との記憶をよみがえらてゆく。

映画.com『aftersun/アフターサン』より
監督・脚本シャーロット・ウェルズ
主演ポール・メスカル、フランキー・コリオ
劇場公開日2023年5月26日
上映時間101分
配信サービス
(2024年1月時点)
【レンタル】Amazon Prime Video、U-NEXT、Rakuten TV、クランクイン!ビデオ

第1位は『aftersun/アフターサン』です!

今作は、ある父と娘の個人的な物語を描いているようで、実はとても普遍的な「思い出」という概念を描いている作品だと私は感じました。

実は、私の『aftersun/アフターサン』の鑑賞直後の印象は「正直よく分からない。でもなぜか、すごくよかったな」といった具合で、年間ベスト!ほどの衝撃はありませんでした。

だけど、鑑賞後、何日経っても、何週間経っても今作が頭から離れず、しまいには予告編を見ても涙が出てくる始末。

どんどんと自分の中で『aftersun/アフターサン』の存在が大きくなり、とうとう2023年ベストにまでなってしまいました。

今作は監督の初長編作品ということで、不完全さも感じたはずなのに、それも含めて愛おしさが止まらない大切な作品です。

今作に出会えただけでも、2023年も劇場にたくさん足を運んでよかった!と思えます。

こういうことがあるから映画好きはやめられません。笑

配信情報は2024年1月時点です

まとめ

2023年新作映画ベスト5

1位『aftersun/アフターサン』
2位『バビロン』
3位『PERFECT DAYS』
4位『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』
5位 『正欲』

はな

わたしの2023年新作映画ベスト5、いかがだったでしょうか!

私の好みの映画というのは、些細な喜びや、深い悲しみなどの感情が丁寧に描かれていて、その描写を音楽によってより魅力的に映し出す映画なのですが、1位の『aftersun/アフターサン』3位の『PERFECT DAYS』なんかは、まさにそんな私の好みド直球でした。

先進国で生きる私たちにとっては、多種多様な価値観の中で、多くのものに囲まれながら生きることが当たり前になっています。

物質的には豊かであるからこそ、人々は自分たちの心に目を向けるのか、年々「感情」それ自体をテーマにした作品が増えている気がします。

来年もどのような映画に出会えるのか、楽しみです。

今年の映画館は『THE FIRST SLAM DUNK』から始まり、『PERFECT DAYS』で締めました!

今年もありがとうございました!

2024年も、どうぞよろしくお願いします!

月額550円で映画・アニメ見放題!

2022新作映画ランキング

————————————————————————
本ページの情報は2024年1月時点のものです。
最新の配信状況は各動画配信サービスの
公式サイトにてご確認ください。
————————————————————————

PAGE TOP